ブログを移行しました。

世間のtumblr離れをよそに、あえてtumblrにブログを移行しました。

理由はただtumblrが好きだから。使い慣れていることと見た目。特に見た目に関しては数多くのテンプレートとそのカスタマイズで好きな画面が作りやすいから。今はそのようなサイトが他にも多いですが、わたし個人としてはtumblrに圧倒的に長く親しんでいます。

今回作った画面はブログ用としては非常に不向きなものですが、わたしの悪戯心だと思って頂ければ幸いです。そして今後も、その時々の気分で色々な画面に変更して楽しもうと思っています。

http://gummemo.tumblr.com/

どうぞ宜しくお願い致します。
# by gumluv | 2013-05-22 21:32 | 日常

金属アレルギーと時計

f0258159_0285677.jpgわたしは金属アレルギー。金属が肌にあたると荒れてしまいます。荒れると痒くて痒くてしかたありません。ベルトのバックルとか時計の文字盤とかそういうの。金属アレルギーになったのは10代後半。それ以来時計は避けてました。25年くらいになります。

しかし最近若い友達が格好良く時計をはめているのを目にしました。「あ〜ぼくも時計したい!」わたしはその欲望に勝てませんでした。半袖で腕が露出するこれからの季節「格好良く時計をはめれたらいいな〜」と思いました。

「肌が荒れたらヤメればいいじゃん」と言うことで、昔の時計を出してきて数日はめてみました。「あれれ?荒れないじゃん!」しかし油断は禁物。まだ沢山汗をかく季節ではありません。わたしの金属アレルギーは汗に反応するからです。とりあえず出かけるときは必ず時計をはめるようにしました。だけど一向に荒れる気配はありませんでした。

「もしかして時計いけちゃう?」そう感じたわたしは、電池切れの古いSWATCHを出してきました。SWATCHなら電池代金安いから。わたくし貧乏なもんで。

少し興奮気味で時計屋を営む友達に電話。古いSWATCHの電池交換が可能か確認しました。可能と即答。早速今日、友達のお店に行きました。25年以上前のSWATCH、電池交換してもらうと何事もなかったように動き出しました。わたしは喜びを隠せず丁寧にお礼をしてお店を後にしました。

とりあえず3本のSWATCHが復活しました。写真中央の赤色ドットのも復活させたかったんですが、経年変化でベルトが切れてしまっています。使えません。残念。両端のも丁寧に使わないと同じ運命を辿りそう。丁寧に使おうと思います。写真には写ってないけどもうクロノが1本。

最近のデザインのも魅力ですが、まずはこの古いのを大切に使おうと思います。これで本当に肌が荒れなければG-SHOCKも復活させる予定。G-SHOCKも友達のお店で電池交換してもらえると確認済み。

わくわくな夏になることを期待して。
 
# by gumluv | 2013-05-19 00:32 | 日常

今日は定休日

f0258159_20122869.jpg今日は岐阜市殿町にある「徒然舎」なる古本屋さんに行ってきました。

よく使う道にあるのですが、小さなお店なので全然気づきませんでした。とあるフリーペーパーの本特集で知りました。

そのフリーペーパーはなかなか中身が濃い。今までフリーペーパーには興味なかったんだけど、興味ある話題が特集のはチェックせねば、そんな気持ちにもさせてくれました。そんなフリーペーパー。行きつけのカフェで手にしました。ありがとう。

店構えは写真の通り。「面白い本が絶対見つかる!」的な気持ちにさせてくれる、そんな店構え。自宅から車で約1時間。迷うことなくお店に到着。近くの駐車場に車を停め、躍る気持ちを抑えきれず急ぎ足。


   close


わたくしこの手のことをよくやります。何度繰り返せば気が済むのか、というくらい何度も何度もやらかしています。本当に無計画なんです。凄く凄く大事な約束でさえやらかします。情けないのひと言、恥ずかしいのひと言。諦めきれずに暗い店内を覗きこんだりもしましたが、そんなことで状況が変わるわけもなく。意気消沈して帰宅。

帰宅後「徒然舎」のサイトを確認。今日は定休日とはっきり。
 
# by gumluv | 2013-05-14 20:15 | 日常

「戦場のメリークリスマス」の主題歌を歌ってる人のソロ・ファースト・アルバム

f0258159_191557.jpgDavid Sylvianの1st「Brilliant Trees」が手に入りました。David Sylvianといえば、Japanのボーカリストだった人。一番有名な曲は、ソロになってからの曲「戦場のメリークリスマス」の主題歌。

中学の頃Japan狂な友達がいて、その友達の家に遊びに行く度にJapanを何度も何度も無理やり聴かされてました。しかしその独特の歌いまわしが馴染めず好きになれませんでした。その歌いまわしに心動かされたのは「戦場のメリークリスマス」の主題歌でした。最初にDavid Sylvianの歌声を聴いて随分後のことです。

そうしたら過去の作品も急に好きになっていきました。たまに気が向いてレコードに針を落とすと、1回聴いただけでは満足できず、そのまま2回3回レコードを裏返すようになりました。

今日は関市の古本まつりでした。先日古本屋で探して見つからなかった1冊があったら嬉しいなと思って会場に入ると、入口近くにレコードが何枚か置いてありました。過去の古本まつりではレコードは置いてありませんでした。あまり期待せず覗きこんでみるとDavid Sylvianの1stがあるではありませんか。中古市場では叩き売りされているレコードなので、いつか見かけたら買おうかな、程度にしか思ってなかった1枚。あったんです。

日本盤なのでライナーノーツが付いています。アルバム制作に加わった坂本龍一氏のインタビュー記事が掲載されています。

ありがとうございます。大切にします。
 
# by gumluv | 2013-05-11 19:04 | 日常

ワールド・カフェ、おまけの話

f0258159_1331164.jpgワールド・カフェ第3回に参加してきた。しかし今日の話題はワールド・カフェの話題ではなく、そのおまけの話。

会場までは自転車。少し寒かったのでマフラーと手袋。少し早めに家を出てのんびりサイクル。長良川にかかる橋で停まって煙草の煙をくぐらせる。贅沢な朝の時間。河の流れを眺めてると必ず思い出す言葉「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」。が頭のなかをゆっくり流れる。

橋の上でのんびりし過ぎたので自転車全速力。会場にはギリギリ。到着するなり参加者のひとりから声をかけられる。待ってました的。そのままその方の自動車に招かれ、後部座席を覗かされる。レコードとターンテーブル一式。「これプレゼントするから」。「まじっすか、本当にええんですか?」。レコードの中には岡林信康さんの絶頂期のライブ盤まである。第1回ワールド・カフェの後、僕の浅川マキさんの投稿で盛り上がったのが理由でプレゼントしようと思って下さったみたい。感謝感激。

しかし今日は自転車なので持ち帰ることができない。困ってたら、住所を教えてくれれば届けて下さるとのこと。またまた感謝。ワールド・カフェ終了後、僕は自転車、その方は自動車で僕の家へ。

自宅で物を受け取った後すぐにお礼のメール。そして岡林信康さんのライブ盤に針を落とす。生々しいライブが目の前で再現される。収録曲の中にはボブ・ディランのカバーなんかも含まれてる。時代背景を感じる。最高。

約束事として、頂いたレコードをCDに焼く事になっている。少しずつ丁寧に作業しようと思う。

本当に有難うございました。

そして、ワールド・カフェが無ければこのような出会いは無かったわけで、ワールド・カフェにも心から感謝。
 
# by gumluv | 2013-05-02 13:05 | 日常

愛煙

f0258159_2264230.jpg随分昔に「煙草を止めようと思うことを止めよう」と思って、好きな煙草を好きなだけ喫むできたけど、ここにきて、止めるまでには至ってないけど、軽いものに変えました。

切っ掛けは色々あって、それらをいちいち書くのは面倒なので書かないけれど、まあ、色々な切っ掛けがありました。

軽い煙草のスカスカ感にまだ慣れてないけれどそのうち慣れるでしょう。

そういえばお酒も同じような感じだったかも。
 
# by gumluv | 2013-05-01 22:07 | 日常

一冊の詩集

f0258159_7453338.jpg今日ちょっと出かけたついでに古本屋に寄った。今読んでいる本で紹介されてた一冊の詩集が読みたくなったから。それを探しに。古本屋到着。ガラスの引き戸を開け店内へ。いつもの頑固親父とその家族。詩集コーナーの前に立つ。

「あっ!詩人の名前と詩集のタイトル忘れちゃった」。

必死に思い出そうとしたけどどうしても思い出せない。今読んでる本を持ってくるか、もしくはメモしてこればよかったと後悔。諦めきれない。よけいに読みたくなる。結局詩集コーナー端から端まで追いかけることに。目的の一冊があればきっと気づくはず。と前向き思考に切り替えた。右上段から順に一冊一冊背表紙を追いかける。気づけば左下段。思い出せずじまい。もちろん無かった可能性もある。意気消沈で店を後に。そして帰宅。

一服してから荷物を片付けようとリュックのチャックを開けた。出てきた。中から出てきた。今読んでる本。読みたい詩集が紹介されてる本。出先で暇な時間ができたら読もうと思ってリュックに入れてたんだった。完全に忘れてた。
# by gumluv | 2013-04-27 20:21

水切り遊び

長良川の河原で子供の頃以来の水切り遊びをした。

簡単に出来ると思っていたのにできない。

全くできない。

水面をすいすい跳ねては飛んでいく石の姿を想像してたのに。

全くできない。

ひと跳ね、ふた跳ねしたあたりで「ドボン」。

石を変え、投げ方を変え、色々試したけど「ドボン」。

諦めの早い僕は長く続けずやめた。

とにかく笑った。
# by gumluv | 2013-04-25 17:52 | 日常

カフェ

f0258159_21575544.jpgぼくの一週間は木曜日からはじまる。普通の人は月曜日なんだろうけど、ぼくの場合は木曜日。理由は通いつめているカフェの営業が木金土だから。

毎週水曜日の夜になるとそわそわしだす。普通の人の日曜日夕方はサザエさん症候群なんだろうけど、テレビを観ない僕は何症候群と言って言っていいのか分からないけど、とにかく水曜日の夜になると何らかの症候群に襲われる。

常連さんが多いそのカフェ。明日はどんな人と会えるんだろうかとか、木曜日にいつも来るあの人は来るんだろうかとか、水曜日の夜はとにかくそのカフェのことで頭がいっぱい。ぼくは木金土、開店時間を少し過ぎた頃から閉店まで居座っている。入れ替わり立ち代り来店するお客さんと話をしている。閉店時間になると片付けを手伝ったりもする。簡単なものだけど、長居させてもらったお礼というか何というかそんな気持ちから。

今は水曜日の夜。本来であればそわそわなんだけど、症候群なんだけど、明日は臨時休業。
# by gumluv | 2013-04-24 22:13 | 日常

借り受けた可愛い自転車 その後

f0258159_20405276.jpg昨日借り受けた自転車は、まだ警察に未登録だったので、今日登録しに行ってきた。

しかし購入時の書類一切なし。もしかしたら登録できないかも、と不安になったので、朝一番で警察の担当課に電話。詳細に事情を説明。「それでも登録はできますよ」との返答。ひと安心。

午前中は用事があったので午後一番で警察の生活安全課へ。

暗く湿った感じの部屋のドアを恐る恐る。「失礼します。自転車の登録しに来たんですが」。年配の担当者が「あっ、今朝電話してきた人ね」と穏やかな笑顔。ほっ。

「とりあえず自転車見せて」と言われたので案内。車体番号を確認するとのこと。しかし直ぐに見つからない。国産の自転車なら決まった場所に刻印されてるんだけど、そうじゃないのでなかなか見つからない。担当者の方とふたりで、あっち見たり、こっち見たり、寝そべって見たり。そしたらフレーム正面の凄くわかりやすい場所に発見。刻印が薄かったので気づかなかった。ふたりで笑いながら車台番号をメモして生活安全課に戻る。

簡単な書類を書いて、身分証明に免許証を出して、決まり事ということで盗難届が出てないか確認して。10分程度で手続きが終わり、晴れて登録完了。車体に貼るシールと証書を頂いた。

そしてその足で行きつけのカフェへ向かった。
# by gumluv | 2013-04-19 20:43 | 日常


思ったこと、感じたこと、日々の出来事。


by ガム

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31